雇用形態によるメリットとデメリット

安定性重視なら正社員と契約社員

工場勤務を行う上で常に雇用が確保されていて安定性重視で選ぶなら、正社員と契約社員が望ましいです。正社員は無期限雇用という扱いとなるので、工場の稼働状況が変化しても常に雇用が確保されます。一方、契約社員については一見すると不安定に思われるものの、工場では契約社員から正社員への移行が行われる機会が多いので悲観する必要はありません。実際に工場内でのライン作業では、正社員と同様に外せない重要工程を任されるのは契約社員までであって正社員登用試験を受ける人が多いです。正社員登用が認められなかった場合には、他社を含めて転職先を探しやすいからこそ契約社員という立場での工場勤務も安定性が十分にあると考えられます。契約社員を契約期間満了で放出する事態は、本人に問題があるか会社の業績が傾きすぎている状況を表すので考え方によっては正社員よりも転職しやすいくらいです。

プライベート重視なら派遣社員と期間社員

工場で勤務を続けていると、シフト勤務や交代勤務により外部の友人と交友関係が狭くなりがちです。プライベートを重視する働き方を選ぶなら、派遣社員と契約社員という2つの選択肢があります。なぜなら、契約社員は契約期間満了時に次の派遣先が決まらないことがあるので、その間にリフレッシュを行えるからです。また、期間社員については工場が繁忙期の間のみ期間限定で働くことになるので、頑張って働いてから残りの時期は預貯金で趣味を満喫するという使い方が出来ます。仕事漬けの毎日よりもプライベートでの付き合いを重視したり趣味に充てる時間を確保したりするなら、派遣社員や契約社員といった期間を定めて働き永続的な契約が前提とはならない勤務形態を選ぶことも1つの手段です。

工場勤務を希望するなら日総工産の求人がお勧めです。職場でのサポート体制が整っているので未経験者でも安心して勤めることができます。

© Copyright Skill Select Factory Job. All Rights Reserved.